内山理名の大好物メカブはワカメの生殖器


女優・内山理名大好物は一般的に知られているネバネバしたメカブではなく、加工される前の原型のメカブである。春先だけ売ってるごろっとしたメカブが大好きなのだという。

そんなメカブに関する知らなきゃ良かった雑学が存在する。

教えてくれるのは東京海洋大学教授の田中次郎。

内山理名が大好きなメカブはワカメの生殖器である。

実は小さな生殖器の集合した器官がメカブとなっている。生殖器と聞くと動物や人間の物を想像してしまうがそれとは違う。

ワカメにオスメスってあるの?

このメカブの中から何千から何万もの胞子を出す。別名で遊走子というが、海中を浮遊するうちにそれがオスとメスに分かれる。

そして夏場、岩の中で我々の見えない形で超して、受精して冬場にワカメになって我々はその後春先に食べているのである。

ちなみに我々が食べているワカメはオスメスに分かれる前の中性の体である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ