凡人度が画像でチェック出来る話題のテストpart2

貴方は天才か凡人かを見極める凡人度テストを実施。

これから立て続けに2枚の画像が出てくるので、2枚の画像を見て直感で好みの画像を選択する。

スポンサード リンク

このテストを作ってくれたのは秋田公立美術大学准教授の水田圭。

2枚の画像は事前に400人がテストを受けてその割合を調査しており、多数派を決定。貴方が選択した画像が多数派と同じなら凡人度がアップする。

問題①

2015-09-16_170857

Aが47%がBが53%となり多数派Bで、Bを選んだ人は凡人度アップ。

問題②

2015-09-16_171041

Aが64%がBが36%となり多数派Aで、Aを選んだ人は凡人度アップ。

問題③

2015-09-16_171201

Aが31%がBが69%となり多数派Bで、Bを選んだ人は凡人度アップ。

問題④

2015-09-16_171300

Aが30%がBが70%となり多数派Bで、Bを選んだ人は凡人度アップ。

問題⑤

2015-09-16_171334

Aが41%がBが59%となり多数派Bで、Bを選んだ人は凡人度アップ。

スポンサード リンク

問題⑥

2015-09-16_171422

Aが57%がBが43%となり多数派Aで、Aを選んだ人は凡人度アップ。

問題⑦

2015-09-16_171616

Aが23%がBが77%となり多数派Bで、Bを選んだ人は凡人度アップ。

問題⑧

2015-09-16_171646

Aが68%がBが32%となり多数派Aで、Aを選んだ人は凡人度アップ。

問題⑨

2015-09-16_171731

Aが72%がBが28%となり多数派Aで、Aを選んだ人は凡人度アップ。

問題⑩

2015-09-16_171902

Aが32%がBが68%となり多数派Bで、Bを選んだ人は凡人度アップ。

解説

0~3個だった人は芸能人に向いている天才肌。

4~7個だった人は凡人と天才の両方の感性を持つバランス人間である。

8~10個だった人は芸能人には向かないTHE凡人。

問題①のAの画像は80年代に化粧品メーカーの広告に使用されていた有名な絵柄で、実はBの方も同じ鶴田一郎というイラストレーターの作品。女性の多くはAを選ぶ傾向があった。

スポンサード リンク

問題⑤は写真の力が大きく、色がはっきりしているしていないが判断材料になった。Aは直線でBは曲線による心理的なイメージがあったが、絵柄のくっきりした印象のBが選ばれた。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ