横浜市・東京は世界一な危険な都市に選ばれた

故郷をこよなく愛する石塚英彦と又吉直樹に向けた恐ろしい知らなきゃ良かった雑学。

石塚英彦の出身は神奈川県・横浜市。

スポンサード リンク

そんな愛する地元に関する知らなきゃ良かった雑学を教えてくれるのは防災・危機管理アドバイザーの山村武彦。

石塚英彦が愛する街、横浜市、そして東京は世界で最も危険な都市に選ばれた。

これは2013年に発表されたスイスの大手再保険会社の調査で世界の616都市を対象に調査し、危険な都市ワースト10を発表し、横浜市と東京がその中でも1位に選ばれた。

横浜と東京のいったい何が危険なの?

これは地震だとか洪水、台風など自然災害に対してのリスクという基準で最も高いと発表されたのである。

ここで選ばれ理由は非常に狭い地域に沢山の人が住んでいる密集住宅や、経済的な産業が集約されてしまっている。

そこが襲われると大きな被害・損害が出る恐れがあるのである。

ちなみに大阪・神戸が4位、名古屋が6位に入り、日本は結構危険な都市が多い。日本の都市部は人口密度が高く、経済規模も大きいので、自然災害のリスクが高いと判定された。

スポンサード リンク

大地震が起きたらどうすればよい?

従来は大地震がきたら「机の下に潜りましょう」あるいは「トイレが安全」と言われていて、それが絶対に間違いではないが、まずドアを開けて、靴をはく事が大事。このように閉じ込められない事が非常に大切。

ドアが変形などして部屋に閉じ込められた状態で火災やガス漏れが起こると、非常に危険なので避難経路の確保が最重要になってくる。

横須賀市は日本一人口が減少していた街

ちなみに同じ神奈川県の横須賀市はつい最近まで日本一人口が減少していた街である。

これは2014年、総務省の調査で人口の減少が激しい街No.1として発表されている。

2015年は北九州市が第1位になっている・

大阪は小学生がテレビを観る時間が日本一長い

芥川賞作家・又吉直樹の出身地・故郷である大阪は小学生がテレビを観る時間が全国1位である。

読書の時間が少ないのかも?

テレビを観てばっかりいるという事は読書時間が相対的に少なくなっている可能性がある。

品川駅の所在地は港区だった

スポンサード リンク

ちなみに、劇団ひとりが現在住んでいる品川区。品川駅は当然品川区かと思いきや所在地は港区である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ