高嶋ちさ子の行動パターンは突然死リスクが高い

高嶋ちさ子の生活習慣で命の危険があるという。高嶋ちさ子は基本的に非常にせっかちな性格であり、何でもせかせか行動しないと気が済まない。

教えてくれるのは内科医の大竹真一郎

スポンサード リンク

高嶋ちさ子のその行動パターンを直さないと突然死する可能性が高い。

高嶋ちさ子はAタイプと言われる典型である。

これは行動パターンを試す医師が考案したテストで、12の質問に対し、その合計が30点満点中、17点以上の人がタイプAに分類される。更に点数が高ければ高いほど、突然死に関わる病気を発症するリスクが上がるというアメリカの研究結果もある。

スポンサード リンク

このタイプAとは積極的・攻撃的・怒りっぽい・せっかちな行動パターンをしているが、高嶋ちさ子の場合、上記のテストで30点満点中28点だった。

アメリカの研究によると3154名の健康な弾sにを8年間追跡調査した所、タイプAの男性はその他のタイプに比べ突然死の原因となる心筋梗塞や狭心症になる割合が3倍近く高かった。

但し、それ以外にも常にイライラしていると血圧が上がってしまうので、脳梗塞も起こし易くなるのではないかと言われている。

突然死は今健康とかそういう事は関係ない。長生きしたければタイプAの人は行動パターンを変えた方が良いのである。

スポンサード リンク

例えば高速道路で渋滞してもイライラした所で早く着くワケではない。その渋滞の待ち時間も楽しくポジティブに考えた方が良いのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ