マンションの高層階でも泥棒に狙われ易い

中居正広のミになる図書館で元刑事・防犯ジャーナリストの小川泰平防犯にまつわる知らなきゃ良かった雑学を紹介。

高い高層マンションの高層階に居住していれば泥棒・窃盗被害に遭わなそうにみえるが、泥棒の中にも高所侵入という手口・技術が存在するので、安全ではない。

スポンサード リンク

にも関わらず、住んでいる人は高層階に住んでいるからといって、安心している人が多いので、小動物等を飼っていたりすると、ベランダの窓を開けていたりするのである。

そのような所は簡単に泥棒から狙われてしまう。

考察

こちらは実際に私が物件探しをしている際に、不動産仲介業者の方に聞いた話なのですが、意外と空き巣の犯人達は1階ではなく2階以上の階数にある部屋を狙っているそうです。

と、申しますのも、その理由は上述したように、高層階になればなる程に、そこの住人の空き巣・窃盗に対する防犯意識は低くなるからだそうです。

ちなみに私は過去に1階にしか住んだ経験がありませんが、ベランダのすぐ外が道路に面していた為、防犯対策は徹底しておおりました。やはり空き巣犯に限らず、1階は侵入しようとその気があれば、誰でも侵入が出来てしまうワケなので、必然的に防犯意識は高まります。

スポンサード リンク

一方で、高層階に住んだ事はないので、高層階に住む住人の気持ちや考えが100%理解出来るワケではないのですが、やはり道路から直接進入する事はほぼ不可能なので、警戒が緩くなってしまう事は想像に難くないですね。

では、道路からではないとすると空き巣犯達はどのような経路で、高層階の部屋に侵入してくるのでしょうか。

結論から言えば、当然ベランダか正面玄関のどちらかになります。

まず、ベランダに関して言えば、アクション映画スターばりに、屋上からロープを垂らして降りてくるというのです。信じられない話ではありますが、実際にそのような侵入の仕方が一般的であり、信じられない方法だからこそ、警戒が怠りがちになり、窓の鍵をかけていなかったりするものなのです。

次に正面玄関に関して言えば、オートロック付きのアパートやマンションが特に危ないです。空き巣犯が部屋を物色し貴重品を奪うまでにかかる時間はものの数分程度と言われています。その為、ゴミ出しなどで、ちょっとドアに鍵をかけずに外出した隙に空き巣に入られてしまうというケースが非常に多いのです。オートロック+高層階という2重の安心から警戒感を解いた住民の隙を突いた犯行と呼べるでしょう。

スポンサード リンク

以上のように、防犯対策はいくらしても、警戒心を緩めてはいけません。その隙を確実に空き巣の犯人達は突こうとしてくるからです。どんなに厳重に防犯対策をしても、考えうる侵入経路に鍵だけは確実にかけておくようにしましょう。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ