卵は沢山食べてもコレステロール値に影響はない

中居正広のミになる図書館で内科医の大竹真一郎フリーアナウンサー羽鳥慎一の実践している健康法に本当に効果があるのかジャッジする。

羽鳥慎一はコレステロール値が上がるので卵は1日1個までに抑えているという。

スポンサード リンク

しかし、実はコレステロール値が上がる事を理由に卵を1日1個に控えている人は多いが、沢山食べてもコレステロール値にはほとんど影響がない。

そもそもにして卵という食材は、その他の食材と比較してもそれほどコレステロールが高くはない。

更に2015年アメリカの研究では、食べ物に含まれているコレステロールの値と血液中のコレステロールの値は関係ない、因果関係はないという事が分かった。なので、食事でコレステロールを沢山とったからといって、血液中のコレステロールが増えるワケではないのである。

卵は1日何個まで食べていいの?

では、1日何個までなら食べていいかという話であるが、常識の範囲内であればいくつでも良く、1個までに控える必要は全然ないのである。例えば1日10個卵を食べても全然問題はない。

考察

これは卵好きには嬉しい情報ではありますね。

実際に私自身も、オムライスなど複数の卵を使用する料理に関しては食べるのに若干の躊躇した経験があります。しかし、今後はそのような懸念をする必要はなくなるという事ですね。

スポンサード リンク

むしろ、卵は豊富なタンパク質(アミノ酸)が含まれており、完全栄養食と言われてはいるので、遠慮するどころか、積極的に食していった方が良いのかもしれません。

では、何故、卵を食べるとコレステロール値が上がり、健康に良くないという迷信が生まれてしまったのでしょうか。

調べてみますと、そのように言われるようになった原因・理由は、今から約100年前の1913年、ロシアで行われた実験に由来があるようです。この実験では、草食動物のウサギに卵を食べさせたら血中コレステロールが増加した事が判明したそうです。

ウサギの様な草食動物は植物に含まれている微量成分であるコレステロールでも体内に蓄積しやすい性質がある為、このような結果になったそうですが、人間は雑食ですので、他にも動物性食品を食べます。ですから、このウサギの実験のように、どんどんコレステロールが蓄積され、高くなるワケではないのです。人間の小腸は必要以上のコレステロールを摂取するようには出来ていないので、上述のように食べ物のコレステロール値は、血中のコレステロール値とはあまり関係がないという事が言えるそうです。

スポンサード リンク

まぁ、実際問題、ボディービルダーなんかは筋肉の元になるタンパク質を豊富に含んだ卵をほぼ毎日大量に摂取していますが、そのボディビルダー達の血中のコレステロール値が高く、動脈硬化や脳梗塞を起こしただなんて話は聞いた事ありませんからね。今後は気にせず、積極的に卵を食していきましょう。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ