有酸素運動は無理して20分以上やる必要はない

中居正広のミになる図書館で内科医の大竹真一郎フリーアナウンサー羽鳥慎一の実践している健康法に本当に効果があるのかジャッジする。

羽鳥慎一は毎日頑張って20分以上の有酸素運動している。これは40歳を過ぎて、ジムに通い始めて、出来るだけ脂肪を消費したいので頑張っているという。

スポンサード リンク

確かに、有酸素運動による脂肪燃焼イメージは、20分以上にならないと脂肪燃焼が始まらないので、20分以下の運動は意味が無いと思われている。

しかし、実は有酸素運動は1分でも効果があるので、無理して20分続ける必要はない。

勿論、1分と20分を比べれば20分の方が効果は高いのだが、一般的に20分以上連続した有酸素運動じゃなければやっても効果がない、無駄と言われているのはウソである。

ある研究結果によると5分間の運動を4セットしたら、20分間の運動とほぼ同じ効果がある事が分かっている。だから1分でも良く、休んでも全然大丈夫なのである。

あまり激しい運動は脂肪より糖分を消費してしまう

但し、激しい運動は脂肪よりも糖分を消費してしまうので注意が必要である。激しい運動は主に糖質をエネルギー源として使用しているので、脂肪の燃焼には効果的ではない。また、糖質が体内からなくなり、血糖値が下がるので凄くお腹が減ってしまう。

スポンサード リンク

有酸素運動ってどの程度の運動なの?

どの程度が有酸素運動なのかと言えば、2人で歩いている時に会話が可能なレベルの運動が有酸素運動であると言える。

なので、わざわざジムに行かなくても、ウォーキングやジョギングなど、長時間継続出来る程度の運動は有酸素運動なのである。

考察

一般的に言われているのが有酸素運動をしてから20分未満の場合は、炭水化物(糖質)をエネルギー源としてカロリーを消費するが、20分を超えると脂肪をエネルギー源としてカロリーを消費すると言われています。しかし、実際の所、そこまで差異は無かったというのが今回の情報の論点でしょう。

では、何故、このような話が一般に浸透してしまったのでしょうか。

調べてみるに、有酸素運動のやり始めというのは、いきなり運動をしてしまうので、筋肉がほぐれていない為に、激しい運動と身体が誤解してしまう事にあるようです。また、運動し始めは、力みがちというのも理由なのかもしれません。このように有酸素運動と言えども序盤は激しい運動と身体が思い込んでしまう為に炭水化物(糖質)が優先的に消費されてしまうという現象が起きてしまうようです。

スポンサード リンク

つまり、有酸素運動を行う前に、ラジオ体操等の簡単な運動をして、筋肉をウォーミングアップさせておけば、最初から脂肪が燃焼出来る有酸素運動が出来るというワケですね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ