高橋克実の担当美容師が告白!髪を切るのが面倒くさい

中居正広のミになる図書館で美容師の長谷川弘美美容師に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

長谷川弘美は高橋克実を担当する美容師で、月に3回、高橋克実はこの長谷川弘美に髪をカットしてもらうという。

スポンサード リンク

そして高橋克実の髪を切るのは実は結構面倒くさい。

高橋克実は実は結構なくせっ毛なので、色んな方向から切らないときちんと綺麗に揃わないので、非常に切りにくい。

ちなみに高橋克実の髪にドライヤーはどのようにしているのかと言えば、頭皮に直接熱風を浴びさせてはいけないので、手の平でガードしながら慎重にあてている。

考察

なんと言うか、まさに誰得といった情報で、知らなきゃ良かったのは高橋克実さんだけのような気がする情報ですね。

一応補足しておきますと、高橋克実さんと言えば、その、ハゲとまではいかないまでも、かなり薄毛の俳優・タレントさんとして有名ですが、薄毛だからこそ髪の毛を伸ばさずに常に坊主頭にしています。

まぁ、坊主頭にも関わらず月に3回も美容院に通うとは、かなりオシャレを意識しているのかなとは思いますが、上述の情報のようにかなり美容師さん泣かせなのだとか。逆に、美容師さんが困る程の髪質だからこそ、このように定期的に美容院に通われているのかもしれませんけどね。

スポンサード リンク

ちなみに余談ですが、高橋克実さんのような薄毛の人にとって、美容院や理容室に散髪にいくのは抵抗があるのではと思う人も多いとは思います。実際に私も自身も失礼ながら「恥ずかしくないのかな…」と思ってたりはします。

しかし、当の本人達によれば、一回行ってしまえば特に何ら恥ずかじい事もないとのこと。

この心理は男性が美容院に初めて行く時の心理と似ていますね。私も初めて美容院に行く時は、美容院は女性が行く所という先入観が強かった為、非常に抵抗を感じたり、恥ずかしかったのを覚えています。しかいながら、1回でも行ってしまい、場の空気に慣れ、要領と申しますか、美容師さん達の手順も把握してしまえば、以降何の抵抗感も持たなくなりました。おそらく薄毛の方にとっても同じ事が言えるのではないでしょうか。

スポンサード リンク

また、一方で美容師や理容師さん達は薄毛の人をどう見ているのかと言えば、実際問題さほど気にしていないとの事。薄毛のお客さんは普通に多いので、見慣れている為、特段意識して見てはいないとの事でした。しかしながら、やはりカット前の希望の髪型をヒアリングする際は、お客さんに失礼がないよう、一定の配慮はしているそうですよ。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ