良い効果があると言われるエクオール 日本人の半分しか作る事が出来ない

中居正広のミになる図書館で医学博士の平澤精一豆乳に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

豆乳に含まれる大豆イソフラボンの効果でコレステロール値の低下や動脈硬化の予防など、様々な効果が期待出来ると言われているが、実は大豆イソフラボンはそのままだと十分な効果が得られないという。

スポンサード リンク

大豆イソフラボンはエクオールという物質に変わってはじめて効果が高まるのである。このエクオールというのは、腸の中にエクオールを産生するエクオール産生菌というのが存在し、その作用で大豆イソフラボンがエクオールという成分に変わる。

このエクオールが女性の更年期障害を改善したり、メタボリックシンドロームの予防をしたり、肌のコラーゲンを作ってくれたりすると言われている。

そんな頼もしい存在のエクオールは腸の中でどんどんと作りたいが、しかし、美容と健康に良いと言われるこのエクオールは、日本人の半分しか作る事が出来ない。

実はこのエクオールを作る腸内細菌であるエクオール産生菌を保有している日本人は全体の51.5%にしか過ぎなかった。

更に、若い世代はもっと少なくなり、10代~20代は27%~38%ほどの人しか保有していない。ちなみに50代で43%、70代で54%が保有しているとされている。

スポンサード リンク

この理由は中高年の世代は和食が中心で、大豆を多く摂取している為、エクオールを作る腸内細菌を沢山持っているが、若い世代は食事の欧米化にともない、大豆を食べる量が減り、エクオール産生菌が少ないと考えられる。

大豆を多く摂る食生活に変えればエクオールを作れるようになる?

これから大豆を多く摂る食生活に変えれば、エクオールを作る腸内細菌が増えるかと言えば、残念ながらそうではない。

腸内細菌は10歳くらいでバランスが決まると言われているので、大人(成人)になってから新しい菌を定着させるのはほぼ不可能と言われているからである。だから体質のようなものである。

但し、豆乳は栄養の宝庫なので、エクオールに変化する体質でなかったとしても、豆乳を飲んだ方が健康的ではある。

考察

今回の情報は別の番組でも紹介されておりましたので、私は事前に知っておりましたが、そのエクオール産生菌という腸内細菌は子供時代に大豆を多く摂取していると定着し易いという情報は初耳でした。

ですから、幼少期に醤油や味噌といった大豆由来の調味料や、納豆・豆腐といった大豆加工食品を多く食していた人はこのエクオール産生菌が腸内に存在する可能性が高いですね。そういう意味では和食はやはり健康的であるという事が言えますね。

スポンサード リンク

また、将来にわたって子供を健康にしてあげたいと願う親御さんにあっては10歳までに沢山の大豆食品を子供に食べさせてあげると良いかもしれません。

 

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ