童謡『通りゃんせ』に隠された恐ろしい・怖い話

通りゃんせ~通りゃんせ~ここはどこの細道じゃ~天神様の細道じゃ♪』という横断歩道を渡るときに聞えてくる、おなじみのメロディ『通りゃんせ』。

この童謡には「花いちもんめ」の人身売買を超える悲しい物語が隠されているという。それはなんと『子殺し』。この話を知ってしまうと、横断歩道のメロディも、なんだか恐ろしいものに聞こえてくる。

スポンサード リンク

天神様に参拝時に子供を殺した

極度の貧困で苦しんでいた農村では、一家全員が餓死することを避けるため、やむをえず子供を殺すことは珍しくなかった。

スポンサード リンク

親も骨と皮だけになって死んでいくよりも、いっそのこと楽にさせてあげようと考えたのだ。

そんな理由で死ぬことになった子供たちが、あの世で少しでも幸福になれるようにと始まったのが、神社(天神様)への参拝だ。

当時、天神様の境内で子供を殺せば、魂が迷わずあの世に行けると信じられていた。子供を連れた親が天神様に参拝に訪れ、その帰りには子供の姿がない。

子供を殺して森に埋めた母親は、子供の霊が恋しがらないように、振り返らずに境内を立ち去った。それが「行きはよいよい帰りは怖い」の理由なのだという…。

スポンサード リンク

こんな恐ろしい歌を、青信号のメロディに採用した役人が誰なのか、そこまでは不明だが、とんでもない選曲である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ