オスのイルカは性欲が強すぎてイルカショーに出られない


中居正広のミになる図書館でドルフィントレーナーの三好豪イルカにまつわる知らなきゃ良かった雑学を紹介。

イルカは賢くて可愛い生き物であるが、実はオスのイルカは性欲が強すぎてイルカショーにほとんど出られないのである。

そこで、イルカショーに出演しているイルカはほとんどがメスである。

特に雄イルカは、繁殖期に手に負えなくななってしまい、1ヶ月位はヤンチャが続いている。どのようにヤンチャかと言えば、例えば「ジャンプしろ」とトレーナーが言っても雌の後ばかり追いかけて全く言うことを聞かない等、そんな感じになる。

イルカの交尾の時間は?

イルカの交尾の時間は大体10秒くらいで長くても30秒と非常に短い。そして、1分休んではまた交尾を繰り返す。

1日に何回交尾するの?

野生のイルカだったら発情期間であればエンドレスという学説もある。オスイルカは上述のように非常に性欲が強くて、精液の濃さが人間の100~300倍もある。

考察

イルカ好きにはなんとも知りたくない情報ではありますね。

イルカと言えば、非常にキュートで愛らしい存在であり、イルカショーに出ているイルカは人間が大好きという印象がありますが、そんな事より何よりもオスイルカは性欲の方が勝っているそうです。

そんなこんなでイルカショーに出ているイルカは全てメスイルカなワケですが、親御さんが子供と一緒に、あるいはデートの際に水族館でイルカショーを観た際にこの雑学を絶対に披露してはなりません。もっとも指摘しなくともそのような話はしないかもしれませんが。

そして、調べてみると、この話に付随した更なるオスイルカに関する知らなきゃ良かった雑学がある事が分かりました。

上述のように、オスイルカは性欲が非常に強い為、交尾をする為にメスイルカの後を追いかけるだけでなく、メスイルカに対する強姦、輪姦、乱交は当たり前のように行われているようです。また、メスイルカのいない場所ではとかくオナニー(自慰行為)にあけくれているとの事。

自然界に生きるメスイルカにとってはたまったものではありませんね。

更に、オスイルカはメスイルカだけでは飽きたらず、水族館でも人間のダイバーをレイプする事もあるそうです。

もっともレイプとは言え、人間を犯す事はイルカには不可能ではあるのですが、そのような真似事をするという事ですね。

しかも、最悪の場合、オスイルカはダイバーをレイプする為に水中を引きずり回す事もあるというから怖い話ですよね。

 

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ