寝言に返事をする・応答する・話をすると脳にダメージ・損傷が

あなたはこんな噂を聞いた事がないだろうか。

それは寝言に応答し、返事をしたり、話しかけると脳がダメージ・損傷を受けてしまうという事である。

スポンサード リンク

一見すると都市伝説のような話であるが、これは脳科学的にも証明された事実なのである。

人間の睡眠は主にノンレム睡眠とレム睡眠に分けられる。ノンレム睡眠は深い眠りの状態で脳も寝ているが、レム睡眠は浅い眠りの状態で脳は起きている状態である。

そして、一般的に夢をみている状態の時はレム睡眠の時と言われている。それもそのはず。脳が活動してなければ夢などというものはみる事が出来ない。更に、夢を見ているからこそ寝言を言ってしまうのである。

スポンサード リンク

また、いわゆる金縛りもこのレム睡眠の時に起きていると言われている。金縛りは霊的な現象などでは全くなく、脳が起きているにも関わらず、体が眠っている状態なので、体が全く動けなくなる症状の事を言うのである。

話はずれたが、このようにレム睡眠時は脳は覚醒しているので、耳などから入ってくる外部の刺激に反応してしまうのである。

特に目覚まし時計のような単純な音であれば問題ないらしいが、人間に話しかけられた場合は、脳の言語中枢が無理に働かされ、その部分にダメージ・損傷を受けてしまうのである。また睡眠の質も悪くしてしまうというデータもある。

スポンサード リンク

このような事実から分かる事は睡眠中はなるべく寝ている本人に話しかけてはならないという事である。起こしてあげる時も、声をかけるのではなく、なるべく目覚ましのアラーム音などにしてあげると親切と言えるかもしれない。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ