アレキサンダー大王は蚊に刺されて死んだ

アレキサンダー大王は世界史を勉強した人であれば、その名を知っているだろう。

古代ギリシアにおける最高の家系的栄誉と共に生まれ、数々の戦いを行い、古代ギリシアに名誉と繁栄をもたらした偉大な王である。

スポンサード リンク

実はそのアレキサンダーの最期であるが、なんとその死因は蚊に刺されて亡くなるというものであった。

この死因には諸説存在するが、アレキサンダー大王はアラビア遠征を計画し、祝宴中のある夜に蚊が刺された事が原因で高熱を出し、ショック死したとされている。

スポンサード リンク

その他にも諸説存在するが、これがもっとも有名な死因だという。

歴史的にも有名かつ偉大な人物が蚊などに殺されてしまったのかというなんともショッキングな話であるが、実は蚊は一部では恐怖の生き物として恐れられている。

それは、人間を死におとしめる伝染病を媒介するからである。現在もアフリカなどの発展途上国では蚊に刺された事が原因による死者は後を絶たない。

スポンサード リンク

どれだけ偉大な王であったとしてもウイルスには勝てなかったのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ