ソクラテスは太っていた

昔、東京大学の総長が言った有名なセリフがある。それが「太った豚になるより痩せたソクラテスになれ」という言葉である。

これは何事にも不自由のない太った豚のように生きるのではなく、質素でも痩せていても哲学、考える事を生業として生きてきたソクラテスのようになれといった意味がある。

スポンサード リンク

ソクラテスは古代ギリシャに生きた著名な哲学者であるが、こと有名な言葉には実は矛盾がある。

それはこの格言に出てくる哲学者ソクラテスは太っていたという事である。

スポンサード リンク

c0173882_20231160 (1)

実際にソクラテスの彫刻を見てみるとそれは明らかである。特段肥満、メタボリックと言える程の太り方ではなく、中年男性としてはいたって普通といったところだが、お世辞にも痩せてはいない。

スポンサード リンク

しかしながら、ソクラテスのような勤勉な生き方をするのは良い事には代わりはないだろう。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ