舌癌は麻酔なし手術なので非常に痛い

癌(がん)は悪性腫瘍の事で、体の細胞が不具合を起こし腫瘍化してしまう事を指す。

人間の体は無数の細胞で出来ており、そうなると体のどこの部位にあっても癌は出来る可能性がある。

スポンサード リンク

その中でも一番怖いのが舌癌(ぜつがん)という舌の癌である。

何故、怖いのかと言えば致死率の高さではなく、その治療・手術方法がとてつもなく恐ろしいからだ。

なんと舌癌の治療・手術は実は麻酔なしで行われるのである。

麻酔がかけられず、切断用のハサミでジョキンと切り落とされるのである。考えただけでも恐ろしい。

スポンサード リンク

しかも、癌(悪性腫瘍)を摘出する時だけでなく、検査で舌の細胞を取る時も麻酔なしだというのだから、何度もその恐怖に耐えなければいけないのである。

とは言え、これは比較的軽微な場合に用いられる治療・手術法のようである。

舌の4分の1を切除するような大規模な場合は、局部麻酔、または全身麻酔による除去をするので安心して欲しい。

しかし、簡易な手術で済む場合は上述のような治療・手術が一般的との事。

スポンサード リンク

かと言って、放っておけば癌なだけに手遅れになる恐れもある。舌癌の初期段階であったとしても痛みに弱い人は医師に頼み込めば麻酔を施してもらえるかもしれない。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ