歯医者での歯周ポケットの治療は歯茎を削り取る

歯周ポケットという言葉をご存知だろうか。

この言葉は文字通り、歯の周りの歯茎との間にぽっかりポケットのあいたような状態になっている事を表す。

スポンサード リンク

この歯周ポケットはそもそも誰にでも存在するモノで、そこに食べかす等がつまり、虫歯や、歯周炎、歯周病などの歯の病気を引き起こすと言われている。

そして歯周炎・歯周病などの病気にかかると、どんどんこの歯周ポケットは深くなり、最終的に歯を歯茎が支えられなくなり、グラグラとなり抜けてしまう。これが歯周病の正体なのである。

スポンサード リンク

なので、歯周ポケットが深くなってきた場合は歯周炎や歯周病の初期症状なので、即座にその時に治療を受ける必要があるのだが、その治療の仕方が凄まじく、知らなきゃ良かった雑学かもしれない。

この治療方法とは、歯周ポケットの中にある汚れ(歯垢や歯石)を取り除き、歯茎の炎症を抑えるという非常にシンプルなものなのだが、すでに歯周ポケット化してしまっている歯茎の部分も削りとってしまうのである。

スポンサード リンク

結果的に歯茎はそれで引き締まるのであるが、当然麻酔はしているとは言え、恐ろしい治療方法である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ