安達祐実の初恋相手のADと母親・安達有里は結婚していた!禁断の恋愛事情

中居正広のミになる図書館で元天才子役の安達祐実子役を巻き込んだ禁断の恋愛事情に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

安達祐実は子役当時、スタッフの中に凄い好きなADがいた時期があった。ADというのは大概一生懸命働いているので薄汚れた格好をしている事が多いが、この人はホワイトのパンツに白シャツという清潔感溢れる男性であった。その為、すごくかっこ良くて大好きだったという。

スポンサード リンク

そしてバレンタインデーが近くなり、安達祐実はあのカッコ良いADさんにチョコレートを渡したいと母親(安達有里)にお願いをした。その時、母親はそのADの事を知らなかったが娘の為にとチョコレートを用意して渡すのを手伝ってあげた。

スポンサード リンク

そして、このADさんが担当する番組は長く続き、母親が忙しい時はこのADさんが安達祐実を収録現場まで送り迎えしてくれたりするようになった。

そしたらある時、家に帰ったら、そのADさんが安達祐実の自宅でファミコンをしていた。なんでファミコンをやっていたのかなとは疑問に思ったが、大好きなお兄ちゃんが(ADさん)が家に遊びに来てくれていたのがとても嬉しかった。

そうこうしているうちにある日、母親がADさんと一緒に安達祐実の前に来て、「今日からこの人、パパになるから。」と言ってきた。つまり、安達祐実の初恋の相手は母親・安達有里と結婚し、今のお父さんになっている。

スポンサード リンク

しかし、安達祐実的には大好きな人がいつも一緒にいれる状況になったので凄い嬉しかったという。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ