『家なき子』で愛犬リュウが主人公すず(安達祐実)のそばいにいたのは魚の干物のおかげ

中居正広のミになる図書館で元天才子役の安達祐実ドラマ『家なき子』に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

ドラマ『家なき子』と言えば、強く生きる主人公すずの日常以外にも、愛犬リュウとの絆も感動を呼んだ。ドラマではあまり見られない弾ける笑顔でリュウと安達祐実が雑誌の表紙を飾る事もしばしばあった。しかし、日本中を虜にした愛犬リュウとの絆にも知らなきゃ良かった真実が存在する。

スポンサード リンク

実はドラマ『家なき子』で犬のリュウが主人公すずのそばにいたのは体のいたるところに魚の干物をつけていたからである。

スポンサード リンク

本当にいたるところであり、すずはがま口財布を下げていたが、その財布の中にも魚の干物が入っていたり、オーバーオールのすその部分にも魚の干物が入っていた。

だから共演者の人からは安達祐実は体臭がある子なんだと思われていたくらい、凄いニオイを放っていた。

リュウは訓練されてなかった?

スポンサード リンク

とは言え、きちんとリュウは訓練されたちゃんとした犬であったが、テンション上げて、時間のない中で撮影しているので、出来るだけ一発で決めたいという事からこのような策を講じていた。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ