安達祐実ドラマ『家なき子』の泣きの演技は目薬を使っていた

中居正広のミになる図書館で元天才子役の安達祐実ドラマ『家なき子』に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

大人顔負けの迫真の演技で天才子役の名を欲しいままにした安達祐実

スポンサード リンク

そんな安達祐実の代表作と言えば何と言っても1994年放送の『家なき子』。日本中が感動した涙のシーンに知らなきゃ良かった真実がある。

実は『家なき子』での泣きの演技は目薬を使っていた。

目薬を使って泣いたシーンは何回?

『家なき子』では泣くシーンは非常に多かったが、『家なき子1』の時はほぼ目薬だった。

スポンサード リンク

本当に安達祐実は泣く演技が苦手だったが、それでも『家なき子』に抜擢されたのは裏の力が働いていたのだという。

目薬を使おうと決めたのは誰?

これは泣く演技をやってみても全然出来ないので、監督やプロデューサーとかが、「お前は本当にダメだな。」と目薬を提供したのだという。

ちなみに、現在の演技においては目薬は使用していない。

そして『家なき子2』くらいから、泣く演技の方法を学んで、実践していったという。

芝居で泣くコツは?

スポンサード リンク

みぞおちの奥の方に感情を落としていくイメージを持てば泣く事が出来る。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ