女性は20~30代に比べ40歳を過ぎると約2.5倍加齢臭が出る

中居正広のミになる図書館で医師の桑満おさむ熟女に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

いつまでも変わらぬ美しさ、ただよう色気。しかし、熟女から溢れ出ているのは色気だけではない。

スポンサード リンク

女性は40歳を過ぎると、20~30代に比べ、およそ2.5倍の加齢臭が出ている。

加齢臭というのは、30歳、40歳、50歳と、歳を取るにつれてニオイが強くなると言われていて、よくおじさんが臭いと言われるが、女性、つまりおばさんからも出ている。

加齢臭の原因と言われているのがノネナールという成分で、青臭い、油臭いと表現される。

スポンサード リンク

このノネナールは毛穴から皮脂と一緒に出てくる脂肪酸などが分解されて発生している。

この脂肪酸が加齢によってどれだけ出ているかみてみると20~30代のグループに比べ、40代以上のグループは倍以上になっている。脂肪酸の分泌量が2倍以上になるので、ノネナール、加齢臭のキツさも2倍以上になっている事が考えられる。

ちなみに女性も加齢臭がするにも関わらず、指摘がないのは男性側からは指摘しにくい所に理由があると考えられる。

スポンサード リンク

とは言え、男性の方が女性より、加齢臭の元となる皮脂が3倍分泌される為、男性の方が加齢臭が強く出易い。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ