オス猿のメス猿への毛繕いは交尾がしたいだけの前戯

中居正広のミになる図書館で高崎山自然動物園ガイドの木本智ニホンザルに関する 知らなきゃ良かった雑学を紹介。

猿の可愛らしい姿と言えば毛繕いをしているシーンである。

しかし、実はオス猿のメス猿への毛繕いは愛情表現ではなく、交尾がしたいが為の前戯である。

毛繕いが上手いと交尾が出来るの?

毛繕いが上手ければ交尾が出来るかと言えば、そういうワケではなく、メス猿がその気がなければオス猿は交尾をさせてもらえない。

特にモテないオス猿はタイプなんて言ってられないので、手っ取り早くどれでもいいので、次々とメスの毛繕いをする事もある。

ちなみに猿は顔とか腕力は関係なく、猿の世界では新参者のオスがモテる傾向がある。

ベテランはモテない?

長く群れに留まるとオス猿は賞味期限切れみたいになって全くモテなくなる。

そしてボス猿も長く群れにいるだけの存在なので、本当にモテない。

つまりボス猿はオス猿の中での縦社会であり、餌を食べる順番が1番なだけである。

更に、山の中ではボス猿が群れからはぐれても、置いてかれていくほどカリスマ性は低い。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ