スケバン刑事のヨーヨーはスプレーを塗っただけの安物

中居正広のミになる図書館で80年代トップアイドルの南野陽子スケバン刑事に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

スケバン刑事と言えばトレードマークのヨーヨーがあり、当時はそのスケバン刑事のヨーヨーを模した商品が大人気であった。

スポンサード リンク

しかし、実はスケバン刑事で使用されていたヨーヨーは駄菓子屋さんで売っているヨーヨーをスプレーで塗っただけの安物だった。

つまり、実際にドラマで使用されていたヨーヨーよりも、市販されていたヨーヨーの方が高いのである。

スポンサード リンク

スケバン刑事がグローブをはめている理由は鎖で繋がれたヨーヨーが戻ってくる時の衝撃が緩和される為のモノであるが、実際はおもちゃ屋で販売されている1個100~200円のヨーヨーに、シルバーのラッカーのスプレーをして、それに赤いプレートを貼っただけの物で、勿論鎖なんかじゃヨーヨーは戻ってこないので、指の所だけ指輪のように鎖がついていて、その先は普通の糸であった。

また、スケバン刑事のヨーヨーはパカっと開くが、実際に開いているのは化粧用のコンパクトで、別にそのカットだけ使用している。ちなみにコンパクトの鏡の部分に飾りの警察の代紋を貼り付けているのである。

スポンサード リンク

更にスケバン刑事のグローブもゴルフショップで買ってきたゴルフの手袋をハサミで切っただけのもの。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ