南野陽子は芸能人をやめたい

中居正広のミになる図書館で80年代トップアイドルの南野陽子自身に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

南野陽子は実は芸能人に向いてないなと感じているという。

スポンサード リンク

南野陽子は芸能人の辞め時を見失ってしまって、それに日々悩んでいる。

いつ位からそのように考えているのかと言えば、デビューしてから今日に至るまでの30年間ずっと辞めたかった。

スポンサード リンク

バラエティ番組に出演しても大したエピソードも持っていない、思いつかないので、非常に居心地が悪いのだという。他にも芝居をしていても役になりきれてないし、歌にしても歌っていて気持ち良くはないという。

今、芸能活動をしていて常に8割ぐらい芸能界を辞めたいと考えていて、仕事はしたいけれど、あまり人には見られるのが嫌いだとか。

やりたい事は?

スポンサード リンク

南野陽子が芸能界を辞めてまでやりたい事は特にないが、お世話係が好きなので、むしろ芸能人の付き人になりたいのだという。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ