スーパーマリオブラザーズのブロックは元キノコ王国の住人

スーパーマリオブラザーズというゲームをご存知の人は多いだろう。今なお続編も発表され、様々なスピンオフ作品も出されている。

そして、このゲームの特徴と言えば、主役のマリオがブロックを叩いて壊したり、様々なアイテムを出したりする事であるが、そこに知らなきゃ良かった雑学が存在するのである。

スポンサード リンク

実はこのマリオがボコスカと叩き、時には壊しているブロックであるが、クッパの魔法でより変えられた元々はピーチ姫やキノピオの暮らすキノコ王国の住人なのである。

なんとマリオはブロックに変えられたキノコ王国の住人達を叩き割ったりしていたのである。

スポンサード リンク

ちょっと信じがたい事実であるが、実際に初代スーパーマリオブラザーズの説明書にはこう記載されている。

キノコ達の住む平和な王国に、ある日強力な魔法を操る大ガメクッパの一族が侵略してきました。おとなしいキノコ一族は、みなその魔力によって岩やレンガ、つくしなどに姿を変えられてしまい、キノコ王国は亡(ほろ)びてしまったのです。このキノコ達の魔法を解き、よみがえらす事ができるのはキノコ王国のお姫様ピーチ姫だけ。彼女は今、大魔王クッパの手中にあります。マリオは、カメ一族を倒してピーチ姫を救出し、再び平和なキノコ王国を築くために立ち上がりました。

スポンサード リンク

この事実をもしマリオ自身が知っているとすれば、マリオは実はなんとも野蛮な性格な持ち主であると言える。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ