チャペルウエディングの神父はアルバイト

結婚(ウェディング)と言えば、どの女性も憧れる人生の一大イベントである。そんな女性憧れの一大イベントに関する知らなきゃ良かった雑学が存在する。

実はチャペルウエディングの新婦さんはアルバイトであるという事である。

スポンサード リンク

チャペルウエディング、すなわち教会で愛する人と永遠の愛を誓い合う。その時の見届け人が神父なワケであるが、その神父はアルバイトとして雇われているというから衝撃的な事実である。

とは言え、考えてみれば当然で、神父は見届け人ではあるが、それ以外の何者でもない。

スポンサード リンク

つまり、結婚式場にとっても、プランナーにとっても、それ以外に活躍させようのない職業であり、常時雇い入れるだけお金の無駄遣いになってしまう。

非常に言い方は悪くなってしまうが、結婚式場にとってもプランナーにとっても、神父はお飾りに過ぎず、その時々に合わせて発注出来れば良いのである。

勿論、神父は本物で、普段はそこいらにある教会で働くのが基本であり、本業である。結婚式が行われる時だけ、その会場に足を運ぶ、いわゆる派遣業みたいなものなのである。

スポンサード リンク

聖なる儀式であるはずの結婚式にまつわるなんともビジネス臭ムンムンとさせた知りたくない雑学である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ