『ヌードル(麺)』の語源『ヌーデル』の意味はサナダムシ・ミミズ

『ヌードル』と言えば有名なのは日清食品から販売されている『カップヌードル』。そしてこの『ヌードル』の和訳はご存知『麺』ではあるのだが、この『ヌードル』の語源・由来をご存知だろうか?そこに知らなきゃ良かった雑学が存在するのである。

実は『ヌードル』の語源はギリシア語の『ヌーデル』であり、この元々の意味はサナダムシ、ミミズという細長い生物の事を指す。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

感の鋭い方ならお分かりになるとは思うが、サナダムシやミミズといった細長い特徴を持つ生き物を『ヌーデル』と呼び、麺がそれらの生き物に似ているという事から『ヌードル』という形に変わっていったのである。

スポンサード リンク

食品の名前が由来があまり見た目がよろしくない生物とはなんとも知りたくない雑学である。今後カップヌードルを食べる際には思わず思い出してしそう。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ