名作フランダースの犬を地元の人は知らない

中居正広のミになる図書館でベルギー人のデルイベルアニメにまつわる知らなきゃ良かった雑学を紹介。

ベルギーという国が舞台のアニメ『フランダースの犬』。アントワープ大聖堂でネロとパトラッシュが死ぬそのあまりにも悲しすぎる結末のシーンに涙した人も多い。

スポンサード リンク

しかし、実はこの有名な作品『フランダースの犬』を地元のベルギーの人達は知らないのである。

元々この小説はイギリス人が作ったものであり、読者もイギリス人なのでベルギーでは全然人気がない。童話を読むはずであろう世代の子供達も知らず、ベルギーの子供達の間ではフランダースの犬よりもポケモンの方が人気で有名である。

しかし、日本ではフランダースの犬は非常に人気作の為に、「ネロとパトラッシュの舞台を見たい」という事から毎年多くの観光客がベルギーのアントワープを訪れる。

そこでは、日本人の観光客の為に銅像が作られているが、地元の人達はこの銅像が何の銅像だかあまり理解していない。

更に大聖堂の広場の前のステンドグラスには「パトラッシュはネロのたった一人の友達でした」という日本語と共に、ネロとパトラッシュの絵が施されている。

ベルギーガッカリ観光スポット!ベルギー人は小便小僧の尿を飲む?

更に、ベルギーの知らなくてもいい観光情報の紹介。

スポンサード リンク

ベルギーと言えば、一番有名なのはブリュッセルの小便小僧である。その小便小僧の黄色く泡立った尿を地元ベルギーの人達は飲むのだという。

これは、時々ベルギービールのメーカーがイベントを開き、その際に小便小僧からベルギービールを出させているのである。

考察

驚いた人も多いかもしれませんが、私は事前にこの情報を知っていましたので、やはり取り沙汰されたかといった印象です。

ちなみに、更に知らなきゃ良かった雑学を畳み掛けると、実はこの日本でのみ『フランダースの犬』が有名になっている事について、ベルギーの観光産業が利用しているのです。

上述したように、知名度がないにも関わらず、『フランダースの犬』の銅像を制作したり、ステンドグラスに日本語が書かれているという事が良い証拠です。

また、フランダースの舞台であるベルギー・アントワープの商店街では『フランダースの犬』目当ての日本人観光客が非常に多いので、その日本人観光客用専用のメニューや商品をふんだんに用意しているのです。何度も申し上げるように『フランダースの犬』について当のサービスや商品を提供している本人達は何も知らないのに。。。

スポンサード リンク

『フランダースの犬』の舞台を見にベルギー観光に行かれたい方にとってはまさに知らなきゃ良かった雑学と言えますね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ