インフルエンザのワクチンは意味がない!危険?

最近は新型インフルエンザなんて怖いモノがあるが、普通のインフルエンザならワクチンもあるし、流行したらそれを接種しておけば大丈夫なはずと皆思っている。

しかし、実はインフルエンザワクチンは効き目は少ない。小学生に強制的に行われていた予防接種も廃止になったと聞く。

スポンサード リンク

変異の激しいウイルスには無意味

ワクチンというのは、毒性をなくした病原体を人の体内に注入することで対応する抗体を作り、その病気にかかりにくくする医薬品のこと。かつて世界中で猛威を振るった天然痘はこの方法で撲滅されている。

スポンサード リンク

ではインフルエンザウイルスに対してはどのくらいの効き目かというと「一時的にかかりにくくする」程度。これは、いくつかあるインフルエンザの型がうまくワクチンと一致した時の話で、外してしまえば意味はない。

インフルエンザは変異の激しいウイルスなので、翌年にはワクチンが対応しなくなってしまうし、この時作られた抗体は弱々しいので、翌年に全く同じ型が流行ったとしても抵抗力は期待できない。

しかも、ワクチンにはわずかながら副作用を発症するリスクがあり、それによって死者も出ている。

スポンサード リンク

だからこそ出来る限りインフルエンザワクチンは打たない方が良いのかもしれない。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ