マックシェイクは飲みづらくしている

これから蒸し暑くなってきたら、必ず飲みたくなるのがマクドナルドの「マックシェイク」だが、ご存じの通り半分溶けたアイスクリームのような飲み物で、ドロドロしているから凄く飲みづらい。もっと素早く飲めるようにはならないのだろうか?

実はこのマックシェイク、あえて飲みづらくしているんだとか。

スポンサード リンク

日本マクドナルドの創業者、故藤田田氏の著書『天下取りの商法』(KKベストセラーズ刊)によると、 「マクドナルドのストローの直径のXミリメートルというのは企業秘密になっている。もっとも、おはかりになればわかってしまうが、シェイクを母乳のスピードで吸い込むために、あの大きさにつくられているのである」と記載されている。

スポンサード リンク

つまり、マックシェイクが口の中に流れてくるスピードは、赤ちゃんの時に飲んだ母乳と同じスピードなのである。これがシェイクを一番美味しく感じるメカニズムなんだとか。

スポンサード リンク

だから時々思い出したように飲みたくなってしまうのか。事実、著書でも「マックシェイクを飲みたいということは母乳が欲しいと同じことなのである」と断言している。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ