地鶏の偽物としてプロイラーがよく使われている

少し前に話題になった食品偽装問題。その中でもあまり知られていないモノで、知られていいないからこそ、未だに行われている食品偽装がある。

それが、実は地鶏と謳っていても偽物としてプロイラーを使用しているという事である。

スポンサード リンク

そもそも地鶏と一口には言っても種類は多種多様存在する。

純粋な地鶏として知られるのは比内鶏や名古屋コーチンがあるが、特に比内鶏は天然記念物として保護されている為、食用にする事は出来ない。その為、プロイラーや白色レグホーンなどと交配された雑種が利用されているのである。

スポンサード リンク

また、大量飼育されるプロイラーであったとしても、年齢を重ねると味が濃くなり、歯ごたえが良くなり見破る事は困難になる。

悪質な業者になってくると、この年増のプロイラーの肉を地鶏として販売しているのである。

このように、純粋な地鶏の味とプロイラーの味とを見分ける事は非常に難しい。よほどの美食家でない限りは難しいとされている。

スポンサード リンク

現在は上述のように食品偽装問題が浮上しているので、未だに偽装している飲食店は少なくなっているというが、ラーメンの出汁には地鶏よりも年老いたプロイラーの方が最適として使用される例が多いという。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ