ウナギの旬は夏ではない!冬の方が美味しい

ウナギと聞くと思い付くのが夏にある土用の丑の日であろう。この土用の丑の日というのは夏にウナギを食べると夏バテをしないといった所であるが、これは事実ではない。

そもそもウナギに夏バテを予防する効果は低く、そもそもこの土用の丑の日というのは江戸時代にかの有名な発明家である平賀源内がウナギ屋に頼まれ創作したキャッチコピーに過ぎないのである。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

しかも、実は本当にウナギが旨いのは、1月の寒中、つまり夏ではなく冬なのである。この時期のウナギは脂がのっていて非常に美味しいとされている。

ちなみにかの有名な美食家である北大路魯山人も冬のウナギの方が美味しいと太鼓判を押している。

冬のウナギが美味い理由は上述通り脂のノリであるが、ウナギは寒い冬を乗り越えようと栄養を体内に蓄積し、脂ののった肉になるからである。

スポンサード リンク

更にやたらと天然モノが希少がられ評価が高いが、ウナギに関して言えば天然モノよりも養殖の方が美味しい。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ