焼身自殺の本当の死因は窒息死

自殺の方法には様々な種類があるが、その中でも一番見た目がインパクトがあり衝撃的なのが焼身自殺である。

なので、何か社会的に自らの命を犠牲にしてでも訴えたい思いがある人が選ぶ方法であると言われている。

スポンサード リンク

この焼身自殺であるが、実はその死因は全身の火傷によるショック死ではなく、窒息死なのである。

スポンサード リンク

そもそも焼身自殺をするからには全身火だるまで覆われるものであるが、そうなると当然口元も炎に覆われている。そして小中学生時代に理科の授業で習ったと思うが、火が燃えるには酸素が必要であり、口元の炎がある事によって体内に酸素が取り込めなくなる。結果的に、酸素が足らなくなり、そのまま窒息死するのである。

逆に言えば、窒息死するまでは身が焼ける衝撃的な痛みを我慢しなければいけないのである。

スポンサード リンク

息が吸えない苦しみ、肌が焼ける痛みによりもがき苦しみ死んでいく、壮絶的な死に方をするのが焼身自殺なのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ