老衰の本当の死因は脱水症状

理想的な死に方の1つとされる『老衰』。ガンや心筋梗塞、脳梗塞といった病気と違い、寿命を全うした安らかな死に方である老衰は、死ぬ時のスタイルとしては最も理想的なものではないだろうか。

しかし、実は老衰の本当の死因は脱水症状なのである。

スポンサード リンク

植物のように人間が枯れて死ぬ。それが老衰である。

そもそも人生の最期が近付くと物を食べたり、飲んだりする事が出来なくなる。その結果、新たな水分を摂取する事が出来ず、生命を維持出来るだけの体内水分量を確保出来なくなるのである。

スポンサード リンク

ちなみに、この老衰(脱水症状)を避ける方法も存在する。それは『点滴』。点滴を使用して強制的に体内に水分や栄養を送り込めば生き長らえる事は出来るが、自分で食べる事、飲む事も出来ないような状況なので、果てしなく生きる屍と化すのである。

この生きる屍状態から、点滴を打つのをやめて、最期を迎えさせてあげるか否かの判断をするのは家族である。

スポンサード リンク

一見、理想的な死に方とされる老衰だが、背景にはこのような事実があったのだ。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ