太陽が膨張し地球はいつかなくなる

我々が住む地球。我々にも寿命があるように、地球にも寿命がある事をご存知だろうか。つまり地球はいつか滅びる事は決まっているのである。

その地球が滅びる最大の原因は『太陽』。

スポンサード リンク

実は我々の生活を明るく照らし、適温を提供してくれる太陽であるが、その太陽は徐々に膨張、大きくなり続けているのである。そして、いつかその大きくなった太陽によって地球は飲み込まれて無くなってしまう。

スポンサード リンク

ましてや地球上の生命体に関しては、飲み込む以前に太陽が膨張した事による気温の上昇により、人間は勿論、微生物ですら亡びてしまうとされている。

とは言え、そのような状況になるまで50億年はかかると言われている。地球が誕生してから現在まで46億年かかっているので、半分も経過していない。更に言えば人類の歴史が始まってから2万年しか経過していないので、ははるかに先の話になる。

スポンサード リンク

しかしながら、人間の力で栄えたこの文明もいつかは終わりを迎えると思うと、何か寂しいものがある。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ