焼き餃子は中国ではあまり食べられない

中華料理として不動の人気を誇っているのが『餃子』。中でも焼き餃子は専門店がいくつもある程で、中華料理屋では置いていない店を探すのが難しいほどポピュラーな料理である。

しかし、実は本場中国では焼き餃子はあまり食べられない。

スポンサード リンク

中国において餃子は飲茶的な感覚が強く、蒸し餃子や水餃子などにしてあっさりと食すのが一般的で日本のように焼き餃子として提供するお店はそれほど多くはない。

スポンサード リンク

ちなみに、日本では餃子定食といったように餃子をおかずにご飯を食べるが、そのような文化も本場の中国では存在しない。

スポンサード リンク

そもそも餃子の皮は小麦粉、つまり炭水化物で作られており、それだけで完結なる主食なのである。中国人からしてみたら餃子とご飯を合わせるのは炭水化物をおかずに炭水化物を食べているようで、まさに邪道。日本の中華料理屋はかなり本場と異なり、日本ナイズされていると言える。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ