うなぎの血には毒がある

土用の丑の日にはウナギを食べる人も多い事だろう。

そのウナギに対して、1つこんな疑問はないだろうか。

スポンサード リンク

その他の魚にはほとんど刺身が存在するのに、何故かウナギには存在しない。この理由は何なのだろうか?ここに知らなきゃ良かった雑学が存在する。

実はウナギの血には毒性が含まれており、刺身にして食べてしまうと、人間はその毒にやられてしまう。

同じ毒を持つ魚としてはフグが有名だが、フグの場合は血ではなく毒を持つ器官を取り除けば刺身でも食べられるのに対し、ウナギはそうはいかないのである。

スポンサード リンク

ちなみにこのウナギの血に含まれる毒とは「イクチオヘモトキシン」というモノで、人間が摂取すると呼吸困難を起こす。

そして、この「イクチオヘモトキシン」は60度以上の熱を5分以上加える事で、完全に無毒化出来る事で知られている。

だからこそウナギは蒲焼きスタイルで食べられているのである。

スポンサード リンク

また、完全に血を取り除けばウナギも刺身で食べられるが、そのようなリスクをおかしてまで料理として提供するお店はほとんどない。その為、ウナギの刺身を見掛けないのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ