煙草(タバコ)を食べるだけで人は死ぬ

タバコの有害性については最早説明する余地がない程に皆知っているだろう。

発がん性を高めるだけでなく老化を促進させてしまったり、その他ありとあらゆる人体に悪影響を及ぼすのがタバコである。

スポンサード リンク

そのタバコの最大の有害物質はニコチンであり、これがタバコをやめられなくなる最大の原因、依存症を引き起こす。

そして、このニチコンは実は我々が考えている以上に危険な毒物とも言える物質なのである。

例えば、乳幼児であればわずか20mgのニコチンを摂取してしまうと致死量に達してしまう。そしてこの20mgはタバコの本数にして何本かと言えばわずかに0.5~1本なのである。言い方を変えれば乳幼児がタバコを1本誤飲すれば、それだけで命の危険性がある。

スポンサード リンク

また、成人だとしてもその致死量は40~60mgであり、タバコの本数にして2~3本である。

とは言え、タバコに含まれるニコチンは胃ですぐに吸収されるワケではなく、胃液の酸性により吸収されにくくなるので、実際に死ぬ事は少ないとは思うが、理論値ではそのようになっているのである。

また、最もニコチンを効率良く摂取する方法が煙による吸引。だからこそ現在でも紙タバコが主流なワケである。

そして、この吸引といった方法をとった場合、80~100本のタバコを同時に吸うと致死量に達する計算となるが、当然ながらそのような事は不可能なので、ニコチンを致死量一気にタバコから摂取する方法はかなり難しい事がわかる。

スポンサード リンク

しかしながら、このような致死性の高い物質を慢性的に摂取し続ければ、どうなるかは想像に難くない。禁煙を考えている人はすぐにでも実行するべきである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ