愛情を与えられなかった赤ちゃんは死んでしまう

子供に対する虐待が社会問題とされる昨今。実はこんな知らなきゃ良かった雑学が存在する。

それは愛情を与えられなかった赤ちゃんは死んでしまうという事である。

スポンサード リンク

愛情とは何かと言うと、生命維持に必要な最低限の事以外は世話をしないという事である。例えば話しかけたり、頭をなでたりといった具合である。

この雑学に対する医学的、科学的根拠となるモノは存在していないが、今から遡る事800年前のシチリア島で行われた大規模な実験がこの雑学の発端となっている。それは現代では完全にモラル違反の為に行えない実験。

スポンサード リンク

その実験内容は50人の赤ちゃん、乳幼児を集めて、上述の通り食事などの生きる為のお世話はするが、一切愛情を与えないと人はどうなるのかという実験であった。話しかけない、触れない、目も合わせないといった徹底した人間らしい触れ合いを禁じる厳しいものであった。

その結果、なんと赤ちゃんは50人全員誰一人として例外なく死んでしまったのだという。

スポンサード リンク

怖い雑学であるが、人間が生きる為にはやはり愛情が必要なのだというほっこりした一面も持つ雑学である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ