食物繊維が豊富な食べ物を便秘の時に食べると苦しくなる

中居正広のミになる図書館で便秘外科医師の瓜田純久便秘に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

食物繊維が豊富なゴボウや芋などは、便秘がひどい時に食べるとかえって苦しくなる。

スポンサード リンク

予防といった意味では食物繊維は良い。しかし、便が詰まって苦しい時は出口の詰まったところてんにまたところてんを詰め込むような形になってしまい、かえってお腹が苦しくなるので逆効果になるのである。

便秘がひどい時は何を食べる?

便秘がひどい時には消化吸収の良い炭水化物がベストだという。なので、炭水化物を水分の多い状態で食べると良い。

例えばお粥とかうどん、そばなんかが良い。

スポンサード リンク

食物繊維は広い意味では炭水化物の一種だが、消化しにくい炭水化物が食物繊維の位置づけである。なので2日位便が出ない時には食物繊維を控えて、また少し便が出始めたら食物繊維を摂るようにするとちょうど良い。

便秘と下痢を繰り返す症状は?

これは医学的に過敏性腸症候群と呼ばれるが、ストレスや食生活の乱れが原因と思われる下痢と便秘である。

これを抑えるにはストレスの溜まらない仕事に変える事などがあげられる。

ちなみに、便秘解消に期待出来る食材というのも最近分かってきていて、有名なのは牛乳である。もう1つで意外と知られていないのがビールである。

便秘を予防するには?

スポンサード リンク

なんといっても食べる量が少ないと便秘になるので、沢山食べる事が便秘予防の第一歩となる。腸内環境を良くするのが大事なのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ