ダークなメロンの正体とは!?

有吉弘行のダレトク!?で紹介された雑学。

皆大好きなメロンだがダークなメロンがあるという。

スポンサード リンク

向かったのは静岡県・浜松市

このメロンは日本ではなかなかお目にかかれない珍しいメロンだという。

ダークなメロン

その見た目はかなり気持ち悪い。

蛇のように木に巻き付くその姿はダークそのものである。

スポンサード リンク

その名も見た目のまんまスネークメロンでメロンと同じウリ科の仲間。

最大で1.5メートルにもなるという実は青い大蛇みたいでまさに不気味。

中には本物のヘビそっくりにトグロを巻いて育つものもある。

5年前から栽培を始めた珍しい品種で、原産国のインドでは果物というよりも、カレーの具として使われているという。このスネークメロンは生で食べられるが,

そのニオイはキュウリのように青臭く、味はスイカの皮のようだという。

スポンサード リンク

上述通り生でも食べられるが基本的にはきんぴらや浅漬けなど、調理して食べる植物・食材である。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ