目が悪くなる本当の理由

視力が低下し、コンタクトレンズやメガネにお世話になっている人も多いだろう。その視力低下については色々と叫ばれているが、その本当の理由を知っている人は何人いるのだろうか?

実は目が悪くなる、視力が低下する本当の理由は人間の成長に伴う眼球の歪みが原因なのである。

スポンサード リンク

その為、ある程度の年齢までいくと視力が落ちる事がなかなか無くなるのである。

そして、一般的に言われるテレビやゲームのし過ぎ、暗闇で本・漫画を読んだり、勉強をし過ぎて目が悪くなるというのも全て嘘・偽りなのである。

スポンサード リンク

たまたま上記のような目の成長の時期に、これらの事が重なるからそのように言われてしまうのである。また、教師や親達のテレビ・ゲームばかり見るな・やるなという一種のプロパガンダとして使われているようなきらいもあるだろう。

スポンサード リンク

しかし、視力は遺伝と言われる所以はここからで、実際にこの眼球の歪みは個人差があり、遺伝する。だからこそ親が目が悪いと、子供まで目が悪くなるのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ