手を洗いすぎると逆に手が汚くなる!

中居正広のミになる図書館で医学博士の北条元治手洗いにまつわる知らなきゃ良かった雑学を紹介。

実は手を洗いすぎると逆に手が汚くなる。手の角質の表面には、『ディフェンシン』という抗菌ペプチドが存在する。それが手洗いし過ぎると抗菌ペプチドが洗い流されて、皮膚の防御機能が弱くなり、菌と戦えなくなるので、手が菌まみれになり易くなる。

スポンサード リンク

つまり、食中毒などの予防に手洗いは重要だが過度に洗いすぎるのは問題なのである。

トイレに行った時に手を洗わないのは問題ない

実は自宅のトイレに行った時に手を洗わないのは衛生上何の問題もない。理由は基本的には自分の体内から出た尿や便の菌で発病する可能性はほとんどないからである。

但し、ペストのような病原性のある便をした場合には、他者への感染を防ぐ為に消毒・手洗いは必要。

ちなみに、自身の股間を触ろうが手を触ろうが、汚さは一緒である。

考察

上述された『抗菌ペプチド』とは正電荷を持ったタンパク質(オリゴペプチド)の事だそうですが、何やら難しそうな印象を持ちますね。

非常に簡単に言えば、細菌やウイルスを不活性化(撃退)する為の存在と認識して頂ければ十分です。

スポンサード リンク

この『抗菌ペプチド』が手洗いをし過ぎてしまう事で、手の平から流されてしまい、結果、細菌やウイルスに対する抵抗力が弱まってしまうという類の話になります。

とは言え、手を洗わなければ細菌・ウイルスがべっとりと付いている状態なので、そのバランス感覚が非常に難しいと言わざる得ません。

適度なバランスで言えば、外出先から帰ってきた時にまず1回手洗い、そして、細菌やウイルスは飲食物を口から運ぶ事で入ってくるので、飲食する前にもう1度手洗いをすれば良いのではないかと思います。

勿論、家庭内の至る所にも細菌・ウイルスは潜んでいる為、何かにつけて手洗いをする事が細菌・ウイルスを洗い流すのにはベストではあるのですが、上述の通り、免疫力も弱まってしまうのでプラマイゼロどころかむしろマイナスになってしまいます。

例え、それでちょっとでも細菌・ウイルスが体内に入ってしまったとしても、家庭内に漂う細菌・ウイルスに関しては、こちらも上述したように、普段から自分自身につきまとっている常在菌と言えます。

このような常在菌は悪さはしませんし、むしろ無くなる事で体調が悪くなるなどの、人間の体に害を及ぼす事も少なくない為、神経質になるだけ損と言えます。

スポンサード リンク

これらの事を考慮し、まとめますと手洗いは極端な話、外出先から帰宅時、また、気になる人はトイレの後にすれば十分であると言えますね。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ