脳がむき出しの状態で目覚めさせられる手術がある

中居正広のミになる図書館で外科医・美容外科医の高澤博和手術に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

実はあえて手術中に麻酔を解いて患者に話しかける事があるという。

スポンサード リンク

これは脳腫瘍の摘出手術などの脳外科の手術の1つで、頭蓋骨を外して脳を露出した状態で患者を目覚めさせる事がある。

手術の流れを説明すれば、全身麻酔で手術を始め、頭部の皮膚を切り取り、頭蓋骨を繰り抜き、パカっと外す。そして頭蓋骨を外して脳が露出した状態で患者は徐々に意識を取り戻し、最後には医師・医者と会話が出来るようにする。

スポンサード リンク

これは患者自身と打ち合わせがあって行う事であるが、患者はその状態で意識を取り戻しながら例えば名前、住所、物の名前など、簡単な質問をしていきながら、答えていく作業を行う。

スポンサード リンク

この理由は、この手術を行う事で、ある脳の部分を電極で刺激して、その時に答えられれば、その脳の部位は大丈夫という風に医師・医者は判断出来る。このような判断をしながら、脳にマッピングを行いながら、安全な部分だけを切り取るのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ