プロ野球選手・プロサッカー選手になれる確率

今も昔も『子供達の将来の夢』に関する仕事・職業をみるとスポーツ選手が圧倒的である。その中でも二大巨塔なのが、日本の最早国技と言っても過言でもない程に人気のあるプロ野球選手とプロサッカー選手である。

この2つの職業間で順位の入れ替わりはあるものの、基本的にこの2つが他の競技をぶっちぎりで抜き、子供達の間でも人気なのである。

スポンサード リンク

この2つのスポーツにまつわる職業に関して、知らなきゃ良かった雑学が存在する。

それは、プロ野球選手・プロサッカー選手になれる確率である。

スポンサード リンク

プロサッカー選手・Jリーガーになれる確率は自動車事故で死亡する確率と同じ

まず、プロサッカー選手、つまりはJリーガーになれる確率であるが、1万500人に1人の割合である。なんと約0.01%なのである。

この確率がどの程度低い確率かと言えば、人生のうちに自動車事故に遭って死亡してしまう確率と同じである。

プロ野球選手になれる確率は隕石が地球に落下する確率より低い

続いて、プロ野球選手になれる確率であるが、これは更に酷い数字となっている。なんと2万8200人に1人であり、約0.004%の確率である。

これがどの程度低い確率かと言えば、隕石が地球に落下してくる確率よりもはるかに低い数字なのである。

スポンサード リンク

世の子供達よ、夢をみる事は大事だが、現実というのはこのように酷いものなのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ