麻酔は効く理由が分かっていない

全身麻酔はした事がなくとも、麻酔注射を打たれた人は多いのではないだろうか。

一番頻繁に機会があるのは意外にも歯医者なのではないだろうか。虫歯治療や親知らずの治療の際にはよく使われるので、歯科医にお世話になった事がある人であれば、その経験はある事だろう。

スポンサード リンク

その麻酔に関する知らなきゃ良かった雑学が存在する。

それは、実は麻酔が効く理由が現在もよく分かっていないという事である。

スポンサード リンク

なんとこの科学全盛のこのご時世にあっても、医学的にも科学的にも麻酔が何故、痛覚をはじめあらゆる感覚を麻痺させるのか、その明確な理由は判明していないのである。

ちなみに麻酔の歴史を辿れば、治療で初めて使われ始めたのは今から170年前である。それから今日に至る現代まで研究を進めても、身体のどの部分がどのような作用によって麻痺しているのかがはっきりしていない。これまでの経験を元に行っているに過ぎないのである。

スポンサード リンク

しかしながら、これまで麻酔が効かないという事で治療や手術に失敗したという前例は存在しない。理由は分からなくとも、これまで大丈夫であったのだから、これからもおそらく大丈夫であろう。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ