チラリズムの語源は浅香光代

チラリズム』という言葉を聞いた事があるだろう。

今となっては死語化してしまっているので、なかなか使う機会ないかもしれないが、チラリズムとは露骨に見せるのではなく、ちょっとだけ見せる事で見せられた者の欲を掻き立てるといった行動・行為の事を指す。

スポンサード リンク

この『チラリズム』に関する知らなきゃ良かった雑学が存在する。

それは、実は『チラリズム』の語源は浅香光代であるという事である。

スポンサード リンク

浅香光代の本業は剣劇女優であるが、今の若い人達の間ではなんか口うるさいおばちゃんタレントといった印象が強いかもしれない。しかし、浅香光代は本来舞台女優なのである。

そして、浅香光代は若くしてこの剣劇舞台の座長を任されたのである。

やはり当時は女性の立場は低く、浅香光代も自身の舞台で観客を集めるのは非常に苦労したらしい。

スポンサード リンク

そこで浅香光代は太ももを見せるセクシーな衣装で剣劇の立ち回りを行なった。するとそのチラリと見える太ももが当時話題となり、その姿を取材した記者がチラリと見えるその立ち回り姿を『チラリズム』と表現したのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ