卵の殻には食中毒の原因サルモネラ菌がびっしり

は非常に優秀な食材である事は、日頃から料理する人でなくとも知っている事だろう。

総合栄養食として、栄養価は抜群で、それだけでなく、その美味しさや調理法の汎用性の高さ、更にはその安さも魅力的な食材である。

スポンサード リンク

そんな魅力満載の卵に知らなきゃ良かった雑学が存在する。

それは、実は卵の殻には食中毒の原因であるサルモネラ菌がびっしりくっついているのである。

実は危険な卵

そもそも、卵には食中毒の原因であるサルモネラ菌が含んでいる危険性が高く、卵を生で食べるのは日本人だけだという。

外国人からすれば、卵を生で食べるなんて事は危険過ぎて、とてもじゃないけど出来ないそうで、日本人が大好きな卵かけご飯も外国人から見れば奇妙な食べ物に他ならない。

スポンサード リンク

何故、日本人だけが生卵を食するのかは、今回の記事で言及するのは避けるが、それだけ卵を生で食べるのは危険という事が世界一般の常識である事は知っておいて欲しい。

生卵だけでなく殻にも注意

とは言え、日本人であっても生で食べる事のリスクは承知しているだろう。

賞味期限切れとは言わなくても、購入してからかなりの日数が経った卵を生で食べるのは気が引けるものだ。

だからこそ加熱調理をして、殺菌をしてから食べるのが通常であるが、卵の中身だけでなく、卵の殻の表面にもびっしりサルモネラ菌は付着しているのである。

スポンサード リンク

よって、生卵を食す場合であっても、加熱調理する場合であっても、一度卵の殻を水洗いしてから使用するのが、安全な卵の使い方と言えるだろう。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ