Tバックを履き過ぎるとデリケートゾーンが黒ずむ


中居正広のミになる図書館で医師の喜田直江パンツに関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

実はTバックばかり履いているとデリケートゾーンが黒ずんでしまう。

Tバックは布の面積が非常に少ないので、皮膚に食い込み、擦れて、メラニン細胞が刺激され色素沈着の原因になってしまう。

特にTバックを毎日履いている人というのは、Tの形でお尻に黒ずみが出来てしまったりしている。同じ形のTバックばかり履いていると、同じ場ばかり擦れてしまうので、必然的にその箇所の肌の色は黒くなる。逆に、日替わりで様々な下着を履くと色素沈着を予防出来る。

もし、現在黒ずみがあるようであれば、美白のクリームやピーリングなどで改善する事は可能である。

ピーリング治療とは、黒ずんだ肌の部分に薬を塗り、肌の新陳代謝を高め、もとの肌色に戻してあげるといった治療法である。

ちなみに男性も同じで、出来るだけユルユルの大きめの下着を履いていた方が良い。そうなるとトランクスなどが適していて、今流行りのボクサーパンツなどは肌にとって良くない。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ