弁護士はウソをつく事はある?

中居正広のミになる図書館で弁護士の田村勇人裁判に関する知らなきゃ良かった雑学を紹介。

弁護士は黒を白と言うようなウソまではつかないが、黒を灰色だと言う位のウソを言う事はよくある。そして、実際に灰色の事実を裁判で白に変えてしまうようなケースも実際には存在する。

スポンサード リンク
スポンサード リンク

弁護士は有罪と分かっていても無罪と主張するの?

刑事事件の場合、明らかに有罪だと分かっていても、無罪にして欲しいと被告人に弁護士が頼まれた場合はどうするのだろうか。

弁護士は被告人が例えば殺人を犯した事実を認める供述を聞いても、無実にして欲しいと頼まれた場合、法廷では「被告人は殺していないと積極的に言ってはならないが、証拠が足りないので有罪には出来ない。ゆえに無罪である」といった主張は可能である。

スポンサード リンク

これが黒を灰色に言うという事なのである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ