授乳期の女性の乳首は細菌が沢山いる

女性の人は知りたくないとは思う事実がある。

それは女性の乳首には細菌がウジャウジャいるという事である。

スポンサード リンク

これは一体何故なのだろうか?

女性の乳首に細菌が多い理由は赤ちゃんの健康の為

特にこの現象は出産直後の授乳時期の女性に言える事である。

女性の乳首とは本来何の為にあるのかと言えば、勿論、赤ちゃん(乳幼児)に母乳を与える為のものである。そして、その授乳には母乳で栄養を与えるという役割の他に、菌を程度に与え、赤ちゃんの免疫力を上げるという大切な役割があるのである。

スポンサード リンク

そこで、授乳時期の母親の乳首は体が意図的に細菌が繁殖し易いようにしている。そして授乳によってその細菌を赤ちゃんに与える事で、免疫力を高めていくのである。

産まれた直後の赤ちゃんというのは、消化器官はほぼ無菌状態であるが、無菌状態であるがゆえに常在菌たる善玉菌も存在しないので、乳首の白色ブドウ球菌を腸内に送る必要がある。この乳首から送られる白色ブドウ球菌によって、赤ちゃんは感染症から守られるのである。

スポンサード リンク

結論、授乳期の女性の乳首には白色ブドウ球菌という細菌が大量に付いているが、それは赤ちゃんの免疫力を高め、健康を守る為のものである。

類似記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ